むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群の治療薬



PR



むずむず脚症候群の治療薬

日本ではこれまでむずむず脚症候群の治療のため
保険で処方できる薬がありませんでした。

今年、2010年1月20日から保険適用のむずむず脚症候群の
薬が承認されました。

その薬は「ビ・シフロール錠」(一般名:プラミペキソール)が
(日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社)

中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群の治療に
使えるようになりました。

もともとはパーキンソン病の治療薬として使われていました。

保険がきくので3割負担で使用できます。


むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法TOP




関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。