むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群の治療薬が発売されました



PR


むずむず脚症候群の治療薬が発売されました。

むずむず脚症候群は下肢にむずむずとした不快感や
痛みなどの不快な感覚が起こり、その結果、不眠
になったりして、日常生活に支障をきたす病気です。

このむずむず脚症候群の新しい治療薬(レグナイト)
が厚生労働省から承認され、7月10日より正式に
アステラス製薬から発売されました。

症状が出やすい夜間に高い血中濃度を得るよう工夫する
ことで、夜間の症状を抑え、不眠・疼痛の改善を期待する
薬です。

1日1回の服用です。
薬を使って、つらい症状から早く開放されたいですね。



脚がむずむずして眠れない


むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法トップへ







関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人の承認後に表示されます
2012-11-20 00:38 :
コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。