むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムズムズ足症候群の判断基準



PR


ムズムズ足症候群の判断基準

私の症状はムズムズ足症候群ではないかと思われ
ている方に症状の判断基準があります。

◆休んでいたり、寝ている時、安静時に悪化します。

◆脚をじっとしていられなくて動かしたくてたまら
 ない衝動感

◆足を動かしたり、運動すると症状が消える。

◆夕方から夜にかけて症状が現れ、悪化する。

このような症状が見られたらむずむず足症候群の
疑いがあります。
つらいようであれば神経内科や不眠症を扱う精神科
で診察を受けてください。薬で治す方法もあります。


関連記事

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。