むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群 薬を使わない治療法



PR



むずむず脚症候群 薬を使わない治療法


むずむず脚症候群の治療薬ビ・シフロールは効果はありますが
使用した6割の方には軽い副作用、むかつきや吐き気、眠気など
の症状が出ています。

糖尿病など慢性腎不全の患者には、腎臓に負担をかけるため、
使用するには注意が必要です。

薬の使用ができない方には、薬に頼らない治療法もあります。

 ◇薬を使わない治療法

 ・酒、たばこなどの嗜好品はやめる。
 
 ・コーヒーなどカフェインが多い飲料は飲まない
 
 ・就寝前に足のストレッチ、マッサージをする。
 
 ・栄養バランスの取れた健康的な食事をする。
 
 ・就寝時間をきめて規則正しい睡眠を取る。

 ・ウォーキングなど適度な運動をする。

薬に頼らないで、少しずつ毎日の生活習慣を変えていくこと
で症状を軽減することができます。
 

◆トップへ


関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。