むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 むずむず脚症候群  むずむず脚症候群の治療法



PR


むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群は不眠症を引き起こす、いやな症状の病気ですが
脚の症状ではなく、脳に原因があります。

最近、脳に原因のある症状に効果があるむずむず脚症候群の薬も
承認されて、むずむず脚症候群も治りやすくなりました。

保険もきき、8割の改善効果だそうです。

■むずむず脚症候群の治療法

・鉄分補給
 鉄分不足によりむずむず脚症候群が起きている方は
 食生活の改善や鉄剤の補給で症状が改善する場合があります。

・ ドーパミン作動薬
 睡眠のときに必要なドーパミンが不足すると神経細胞が
 弱まります。ドーパミンを補給することで弱まった
 神経細胞を刺激して、脚の不快感のもとを
 ブロックする機能を取り戻します。

・寝る前の運動、刺激
 寝る前にお風呂、シャワー、マッサージ、短時間のウォーキング
 などで脚に適度の刺激を与えると、夜間の発症を和らげる
 ことができます。

・刺激物をひかえる

 夕方以降にカフェイン、アルコール、ニコチンを摂りすぎると
 症状を悪化させることが多いとされます。ほどほどに
 しましょう。


むずむず脚症候群の症状 原因 治療法トップへ


むずむず脚症候群で悩まれている方の相談
情報交換のできるむずむず脚症候群友の会のHPがあります。

■むずむず脚症候群友の会
TEL:072-646-6226


関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。