むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群 むずむず脚症候群のいやな症状



PR



むずむず脚症候群のいやな症状

むずむず脚症候群は夜から睡眠時に起こります。

むずむず脚症候群の症状としては足がだるい、痛い、熱い、冷たい、
うずく、ひきつる、ズキズキ、重い、あしを虫が這うようなむずむず
する感覚。

じっとしていれない、脚を動かさずにはいられないような異常な
不快感が起きます。

そのため睡眠中、いつも脚を動かさなければ落ち着かず
睡眠不足に陥ります。

むずむず脚症候群は日本では珍しい症状ですが、日本人でも
人口の2~4%の方に症状が見られます。

男性より女性、若い方より、中高年のほうが比率が高くなっています。

特に妊婦さんは鉄分不足のため、罹患率が多くなっています。
妊婦さんはこのような症状が見られたら医師に相談してください。


次 →むずむず脚症候群の原因

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。