むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群と睡眠障害



PR


むずむず脚症候群と睡眠障害

むずむず脚症候群は足がむずむずして、不快な症状を
起こします。

むずむず脚症候群は一般的には、足に起こるといわれて
いますがまれに腕に出る方もいるようです。

病気の元は足とか、腕とか部分的でなく、脳の中枢神経
系からきているようです。

むずむず足症候群の影響で眠れなくて、睡眠不足になる
方もいます。

男性より、女性にこの症状が出やすいようです。

妊娠で症状が悪化することも知られているので女性に
とっては気になる病気です。







スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。