むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず足症候群 周期性四肢運動障害



PR



むずむず脚 周期性四肢運動障害


ムズムズ足症候群はなんともいえない足の
不快感でイライラして眠れなくなる症状ですが、

それと合併する症状で(周期性四肢運動障害)と
いう症状がでます。突然脚のピクツキが起きて、気に
なって眠れなくなります。

その症状は周期的に起きます。
この障害は、比較的浅い睡眠時に起こりやすく、
睡眠を妨げるために、不眠になったりします。

自分では気がつかないまま周期的に起こる足
のピクツキのために脳が覚醒することで眠りが
妨げられて、睡眠が十分に取れないため、
昼間に眠気をきたし、仕事の妨げになります。

周期性四肢運動障害は
別名睡眠時ミオクローヌス症候群といわれています。


むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法トップへ


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。