むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず症候群の自分でできる予防法



PR



むずむず症候群の自分でできる予防法


むずむず症候群は眠れない状態が続くと、余計症状が出ます。

むずむず症候群を解消するためには、まずは睡眠障害を解消
したいです。

睡眠を促すためには、コーヒー、紅茶、緑茶などの過剰摂取を
しない。夜はこのような嗜好食品はとらない。

体が疲れていないと良く眠れません。普段からウォーキング、
ストレッチなど、激しすぎない運動を継続して行って体を良
く動かして、血行をよくする。

寝る前はストレッチのような軽い運動をする。

体が疲れても精神が緊張しているとやはり眠れません。
シャワーを浴びる、アロマオイルでリラックスする。

睡眠にはラベンダーがお勧めです。心の緊張を取る働きが
あります。

室温も暑すぎない、寒すぎない心地よい環境を作ることが
大事です。精神と体をリラックスすることで眠りにつけるよう
になります。



トップへ



スポンサーサイト

テーマ : 病気と付き合いながらの生活
ジャンル : 心と身体

むずむず脚症候群の予防法



PR


むずむず脚症候群の予防法

・規則正しい、食事と栄養で鉄分不足を防ぐ
 むずむず脚症候群の原因に鉄分不足があります、男性に比べて、
女性は、生理の時に血液を失うので、鉄分不足になりやすく
 なっています。

 妊婦さんも鉄分不足になりやすいです。鉄分を含んだ食品を
 しっかり摂りましょう。

・刺激物はほどほどに
 寝る前の刺激物、コーヒー、アルコール、お茶などの飲料は摂らない、
 睡眠の妨げになります。

・水分を過剰摂取しない
 
 発汗がないのに水分を摂りすぎるのは過剰摂取になります。
 冷房の部屋で水分の摂りすぎはよくありません。
 
 水分の摂りすぎで排出されずに体内に溜まった水分をクーラーが
 冷やして、体中がますます冷えひえになります。

・身体を冷やさない、特に脚を冷やさないようにする。
 身体の冷えはどんな病気にもよくありません。
 身体を冷やさない生活をしましょう。


むずむず脚症候群の症状、原因 治療法 TOPへ


テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。