むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群 解消 ツボ押しをしてみる



PR



むずむず脚症候群 解消 ツボ押しをしてみる


むずむず脚症候群でイライラしているという方
ツボ押しをしてみてはいかがでしょうか。

むずむず脚症候群に効くツボは手と足にあります。

合谷・・・手の親指と人差し指の間にあるツボ

曲池・・・肘の内側を曲げた時にできるシワの少し内側

足三里・・ひざから指4本分下で、骨の外側のくぼみ

三陰交・・内くるぶしの頂点から親指を除く指3~4本上の高さのところ。

image02.gif

ツボ押しをすると血行もよくなり、リラックスして
イライラがなくなり、眠れるようになります。


むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法トップへ



スポンサーサイト

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

むずむず脚症候群でお悩みの方に『むずむず脚症候群友の会』があります



PR


むずむず脚症候群でお悩みの方に
『むずむず脚症候群友の会』があります


むずむず足症候群は認知度が低く、かかっている方
でも病院で受診される方はまだ少ないようです。

医師でもまだ知らない方もいるようで、苦しんでいる
方は多いのに認知度の低くさが目立ちます。

むずむず脚症候群友の会は、むずむず脚症候群の
苦しみから、1人でも多くの患者さんを救うため、
行政・医療機関等への働きかけ、会員同志の相互交流
を行っている団体です。

会員になると、会員同士の交流会、勉強会を行っています。
むずむず脚症候群でお悩みの方には心ず強い味方になります。

テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

むずむず脚症候群の足がイライラするときに冷シップを



PR



むずむず脚症候群の足がイライラするときに冷シップを


なかなか脚が気になって眠りにつけない
むずむず脚症候群

足がだるいような、痛いような奇妙な感じに
襲われます。

専用の貼り薬も出ていますが、重症でない場合は、
痛み緩和用の冷湿布用のシートをひざの裏側に貼ると

脚がスーッとして、ムズムズ脚のイライラ感を緩和
できます。

スースーしている方に神経が向いて、知らない
間に眠りにつくことができます。

お試しください。


テーマ : 心と身体のケアを大切に!
ジャンル : 心と身体

むずむず脚症候群 薬を使わない治療法



PR



むずむず脚症候群 薬を使わない治療法


むずむず脚症候群の治療薬ビ・シフロールは効果はありますが
使用した6割の方には軽い副作用、むかつきや吐き気、眠気など
の症状が出ています。

糖尿病など慢性腎不全の患者には、腎臓に負担をかけるため、
使用するには注意が必要です。

薬の使用ができない方には、薬に頼らない治療法もあります。

 ◇薬を使わない治療法

 ・酒、たばこなどの嗜好品はやめる。
 
 ・コーヒーなどカフェインが多い飲料は飲まない
 
 ・就寝前に足のストレッチ、マッサージをする。
 
 ・栄養バランスの取れた健康的な食事をする。
 
 ・就寝時間をきめて規則正しい睡眠を取る。

 ・ウォーキングなど適度な運動をする。

薬に頼らないで、少しずつ毎日の生活習慣を変えていくこと
で症状を軽減することができます。
 

◆トップへ


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

 むずむず脚症候群  むずむず脚症候群の治療法



PR


むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群は不眠症を引き起こす、いやな症状の病気ですが
脚の症状ではなく、脳に原因があります。

最近、脳に原因のある症状に効果があるむずむず脚症候群の薬も
承認されて、むずむず脚症候群も治りやすくなりました。

保険もきき、8割の改善効果だそうです。

■むずむず脚症候群の治療法

・鉄分補給
 鉄分不足によりむずむず脚症候群が起きている方は
 食生活の改善や鉄剤の補給で症状が改善する場合があります。

・ ドーパミン作動薬
 睡眠のときに必要なドーパミンが不足すると神経細胞が
 弱まります。ドーパミンを補給することで弱まった
 神経細胞を刺激して、脚の不快感のもとを
 ブロックする機能を取り戻します。

・寝る前の運動、刺激
 寝る前にお風呂、シャワー、マッサージ、短時間のウォーキング
 などで脚に適度の刺激を与えると、夜間の発症を和らげる
 ことができます。

・刺激物をひかえる

 夕方以降にカフェイン、アルコール、ニコチンを摂りすぎると
 症状を悪化させることが多いとされます。ほどほどに
 しましょう。


むずむず脚症候群の症状 原因 治療法トップへ


むずむず脚症候群で悩まれている方の相談
情報交換のできるむずむず脚症候群友の会のHPがあります。

■むずむず脚症候群友の会
TEL:072-646-6226


テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。