むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)の症状 原因 治療法

むずむず脚症候群は睡眠時、ふくらはぎ、太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとしていられなくなり、睡眠不足を起こします。むずむず脚症候群の症状、原因治療法などを紹介します。




スポンサーサイト



PR


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むずむず脚症候群の症状、原因 治療法 TOP



PR



むずむず脚症候群の症状、原因、治療法 


 
  むずむず脚症候群は(レストレスレッグス症候群)とも呼ばれています。

   むずむず脚症候群は夕方から夜にかけて睡眠時に症状が現れます。

   むずむず脚症候群は特に睡眠時に強く起こりやすく、ふくらはぎ、
   太もも、足の裏などになんともいえない不快感を感じ、じっとして
   いられなくなります。

   そのため、睡眠が十分にとれずに不眠に悩まされます。

   むずむず脚症候群は本人にとっては、とてもつらい病気です。

   最近では、研究が進んで、むずむず脚症候群を薬で治すことが
   できるようになってきました。

   このブログではむずむず脚症候群の症状、原因治療法などを
   紹介していきます。


   むずむず脚症候群の症状

むずむず脚症候群の原因

むずむず脚症候群の治療法

むずむず脚症候群は何科

むずむず脚症候群治療薬

むずむず脚症候群予防

むずむず脚症候群鉄分




スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

むずむず脚症候群の原因



PR



むずむず脚症候群の原因

むずむず脚症候群の原因にはその方の体質と
食生活にあると考えられています。

慢性的に鉄分が不足した状態では脊髄や末梢神経に異常を
もたらしやすくなります。

脳の中でドーパミンが上手く作られないことが原因にもなります。

主な原因

・鉄分不足

・薬の副作用 うつ病に処方する薬の使用によるもの

・夕方から深夜にかけてドーパミンの分泌量が低下するため

・甲状腺機能異常

・アルコールやカフェインの影響

むずむず脚症候群にかかると睡眠不足が続き、睡眠障害となり
眠れないことでストレスがたまり、うつ病の引き金になることも
あります。

なかなか改善されない時は、早めに医師の診断を受けてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。